サーブで重要なのはトスと重心と脱力

サーブで重要なのはトスと重心と脱力

サーブで重要なのはトスと重心と脱力

「部屋とYシャツと私」みたいなタイトルですみません。

これ以外にもサーブで重要なポイントはたくさんあると思いますが、私の場合、初心に帰ると基本的なことができていないことに気付きます。

トスについては、これまでは少し斜め前くらいに出していたのですが、今は極端に前方へ出すようにしています。

これは、腕よりも肘を先に前を出し、その状態を少しでも長くキープすることを意識するために、感覚を養うことを目的としています。

このおかげで、腕から先に打点に向かってラケットを振りにいかなくなり、右肩痛とはほぼお別れができた気がします。

今でも、念のため帰ってからアイシングはしていますが、サーブを打っている最中もスマッシュの時も、そして翌日も肩の痛みはありません。

この状態でも満足なのですが、まだまだ安定感に欠けます。

トスを前目に出し、肘から先に前に出していきつつ、っとここまではいいのですが、安定感に欠ける理由は 2 つ。

腕の脱力と重心の位置です。

今回は、この 2 点をテーマに取り組んでみました。

目次

重心の位置は右足と左足の間くらい

重心というとピンとこないかもしれませんが、冒頭で書いた通り、トスを極端に前方に出していることから、どうしても重心が前に傾いてしまい、急いでボールを打ってネットが多くなっていました。

トスと同時に右腕はテイクバックに入りますが、この時、膝を少し曲げてタメを作ります。

この状態で、重心が右足と左足の間くらいに保てていれば、打点に対するアプローチがしやすくなります。

右足と左足の間の距離は、トスの動作の時のまま間が空いている人もいれば、右足を前に移動させて左足に寄せる人もいるので、人によって異なります。

しかし、重心の位置の考え方は一緒で、右足と左足の間と考えておけばブレずに次の動作へ入りやすくなります。

ここを意識しないと、ボールを追いかけて体が前に動いてしまったり、後ろに体が残ってしまい強い球が打てなくなります。

トスをしたボールの落下が気になるところではありますが、テイクバックと膝を曲げてしっかりと体勢を整えてインパクトへ向かいましょう。

重心がしっかりすると、次の動作に対する余裕が生まれるので、その感覚を意識すると、できているかどうかの判断にもなります。

インパクトはとにかく脱力

ここが一番難しいのですが、トスと重心がうまくいくと、打点めがけてラケットを振り抜くだけになるので、ついつい力が入ってしまいます。

力が入ってしまうと、せっかく作った重心のバランスも前へ傾き傾向になってしまいますし、インパクトのタイミングがズレてネットしたりダフったりします。

うまくタイミングが合えば強い球も飛んでいく時がありますが、無理に力を入れなくても脱力した状態を作れた方が、速くていい音のするサーブを打つことができます。

トスと重心を決め、腰の回転と同時に肘を前方に出し、腕は脱力した状態でムチのように打点に持っていって降りぬく。

この一連の動作がスムーズにいくと、ボールを捕えた衝撃は軽いのに、高速かつパコーンという音のいいサーブが飛んでいきます。

脱力していれば、嫌でもインパクトの瞬間には力が加わっているので、結果的には自分で無理に力を入れるより効率的かつ安定的です。

野球でも、バットを軽く振っても芯で捉えれば、手への衝撃はほとんどないのにも関わらずボールが遠くへ飛んでいきます。

ゴルフのスイングでも同様だと思いますが、根底となる腕の筋肉や体幹は別として、スイング時の腕の無駄な力ほど邪魔なものはないと思います。

でも、意識的に強い球を打とうと思うと力が入ってしまうのですよね。

ポジティブに考えれば、運動神経がいいってことなのでしょうか(笑)

スライスサーブの理想と魅力

コンチネンタルグリップで、ここまでの動作を再現してサーブを打ってみると、自然にスライスサーブとなります。

スライスサーブは、とにかく回転を掛けて横に曲げていくサーブかと思っていたのですが、実際にはフラットのように飛んでいき、バウンドする際に斜め後方に大きくハネるのが理想なようです。

後ろに壁があるスクールの場合は、ワンバウンドして壁に当たるくらい跳ねると理想のスライスサーブと教えてもらいました。

このくらい跳ねると、レシーブの人は後ろの方にいてもそこそこ高い打点で捕えなくてはいけなくなり、深い位置から強い球で返すことが困難になります。

もちろん、毎回、ファーストサーブでバッチリ決まれば理想なのですけどね。

この動作がようやく定着し始めてきたのが今になります。

セカンドサーブは、トスを極端に前に出さずに、重心と腕の脱力、そして肘から先に前に出すことは意識することで、そこそこ速いスライスサーブも打てています。

後は、この一連の動作のポイントを押さえつつ、自分のものにしていくしかないですね。

ポイントは分かっているので、できていないと気付けば都度修正することで、必ず大きなスランプにはならないだろうと期待もしています。

ファーストサーブの確率を上げていきたいですね。

参考カテゴリ

新着情報

テニスの基礎、最新の 10 件をお届けします。

ポリガットに迷った時の選び方

ポリガットに迷った時の選び方

調子が戻ってきていたストロークが、また不調に逆戻りで、しかもよくわからなくなってきてしまいました。 フラットドライブのような打球ばかり打っている頃は良かったのですが、スピンを意識するようになって...

ストローク / スピン / ガット

>>記事を見る

オーパス(OPAS)の申し込み方法と利用者カードの取得方法

オーパス(OPAS)の申し込み方法と利用者カードの取得方法

「 OPAS(オーパス)で予約可能なテニス施設情報 」でも利用可能なテニスコートについては紹介していますが、今回は OPAS(オーパス)の申し込みから取得までの方法と、実際に OPAS を使った施設の予約についてまと...

コート / サークル

>>記事を見る

テニス初心者が感じた2年間のテニス事情

予備ラケットを持っておくことのメリット・デメリット

予備ラケットを持っておくことのメリット・デメリット

皆さんはラケットを何本持っていますか? 私が初めて 2 本目のラケットを購入したのは、テニスを始めてから約 2 年後でした。 以前、「 ラケットの買い替えスパンは?2年?3年? 」でもラケット候補につい...

試合(ゲーム) / ラケット / ガット

>>記事を見る

フォアハンドのテイクバックがうまく決まらない

フォアハンドのテイクバックがうまく決まらない

この 2 ヶ月ほど、「テイクバックが大きい」「ラケットを下に下げない」と言う 2 つの課題克服に取り組んでいました。 テイクバックが大きいのは以前にも言われたことがあり、自分の中ではそれほど後ろに引い...

ストローク / ラケット / グリップ

>>記事を見る

ストロークは下半身の使い方も重要

ストロークは下半身の使い方も重要

ストロークが調子がいい時は、皆さんバシバシ打ち込めると思うのですが、打球の音が鈍くなったり、自分が思ったよりも打球が浅くなったり深くなったりすると、そこを調整しようとして余計にネットやアウトが増え...

コート / スクール / ストローク / メンタル

>>記事を見る

柔軟性と体幹ストレッチでストロークとサーブの威力アップ

柔軟性と体幹ストレッチでストロークとサーブの威力アップ

テニスの上達は練習量に比例する部分が少なからずあると思います。 しかし、ある程度の年齢になると練習量が疲労となり、肘や肩の痛み、ひどい時は怪我に繋がります。 これは、ボールの打ち方に問題がある...

ストローク / サーブ / 怪我 / トレーニング

>>記事を見る

腕をムチのようにしならせるサーブを打つには

腕をムチのようにしならせるサーブを打つには

一時期、フラットサーブならダブルフォルトしない程度までに上達したサーブ。 比較的速いファーストサーブも打てるようになっていたのですが、どうやら打ち方に問題があったようで肩を痛めました。 最初は肩...

サーブ / スライス

>>記事を見る

ボレーはイースタングリップでも対応できる

ボレーはイースタングリップでも対応できる

以前、「 ボレーはコンチネンタルグリップにした方がいい理由 」でボレーはやはりコンチネンタルグリップの方が良さそうなので、グリップの持ち方を変えていこうみたいな話をしましたが、結果的に自分の力が入り...

ボレー / ダブルス / グリップ

>>記事を見る

テニスサークルや仲間募集の探し方

テニスサークルや仲間募集の探し方

テニスが楽しくなってくると、テニススクールのレッスン以外にもテニスをしたくなります。 多くの場合は、スクールで仲良くなったテニス好きな人に誘われて一緒にやったり、その繋がりで別の知り合いが増えた...

試合(ゲーム) / モチベーション / サークル

>>記事を見る

テニススクール&コートの情報について

サイト内で紹介しているテニスコートの情報は、テニスコート管理者からの掲載依頼やテニスコート公式サイトで公開されている情報から成り立っております。

情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、最終的には管理者発表の情報と照合をお願いいたします。

誤表記や掲載にふさわしくない内容がある場合は、お問い合わせから連絡を頂けると幸いです。

また、スクールやコートについてコメントも投稿できますので、お気軽に情報提供ください。

Copyright(c) 2017 北摂テニススクール&テニスコート All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com