フォアハンドのテイクバックがうまく決まらない

フォアハンドのテイクバックがうまく決まらない

フォアハンドのテイクバックがうまく決まらない

この 2 ヶ月ほど、「テイクバックが大きい」「ラケットを下に下げない」と言う 2 つの課題克服に取り組んでいました。

テイクバックが大きいのは以前にも言われたことがあり、自分の中ではそれほど後ろに引いていないつもりでした。

これは、左肩がしっかり入っている時と、入っていない時でテイクバックの大きさに差が出ていた気がします。

左肩が入った状態の右腕の位置と、入ってない状態の右腕の位置は異なるのが普通ですが、そこに違和感を感じて引き過ぎている可能性があります。

実際に映像で見たわけじゃないので何とも言えないのですが、ある程度の割り切りと左肩を入れることを意識できるチャンスでもあります。

もう 1 つの課題の方が厄介で、自分では完全に抜け切ったと思っていた癖が再度指摘されました。

ギリギリの球に追いついたり、バックハンド側の球を回り込んでフォアで逆クロスに打つ時などは、急いでいることもあり、ラケットは下がっていないようです。

しかし、余裕のある球の場合、左肩を入れて脱力した状態のままテイクバックし、そして振り出しに入る。

どうも、そこで待ちきれなくて一度下げてしまっているようです。

左肩もバッチリ入れているのにも関わらず、逆にその時のテイクバックが小さすぎるのかもしれません。

まさに、前者の課題の逆パターンの時にミスってる感じですね・・・。

目次

テイクバックよりも肩の入りを意識する

よって、肩の入りが大きい時は、ある程度ラケットというか右肩は後ろに移動するのが自然です。

逆に忙しいボールに対応する時のように、肩の入りが小さくなってしまった時は、十分視界に入るところにラケット面があって良さそうです。

テイクバックを小さくという言葉に固執してしまって、常にテイクバックの位置を同じ位置で描いてしまっていたことが原因のようです。

ただ、このテイクバックを小さくというのは、脱力と言う部分では効果的だったので、感覚としては持ち続けたいと思います。

やはり脱力できた方が力強く速い球が打てますからね。

まずは、左肩を普段よりも意識してみる。

そして、左肩が結構入っているのにも関わらずテイクバックが小さすぎて窮屈だと感じたら、もう少し大きく取ってみる。

最後に、その時も右腕は脱力した状態を保持する。

これらを、次のテニスの機会に試してみたいと思います。

文章で書いているのと、実際にラケットを握って球を打つときとで感覚が全然違うかもしれませんが、考察は大事なので、頭の中でぼんやり考えるよりは、こうやって文章に落とし込むことは大事だと思っています。

ラケットを下げる癖を抜く間を作る

さて、厄介な課題のラケットを下げることですが、これはテイクバックの幅を修正することで一緒に改善する期待感もあります。

今までは振り幅が小さくてボールが待ちきれず、その待ち時間を下げて作っていたと思うからです。

テイクバックからの振り幅が十分にあれば、テイクバックの状態から一瞬はラケットが下がるかもしれませんが、そのまま力を入れ始めながらインパクトできそうなイメージがあります。

自分だけで考えてもイタチゴッコですが、このような些細な疑問をコーチにぶつけることで一緒に考えてもらえるので助かっています。

レッスン生が少ないクラスだと、細かい悩みを相談できる機会も増えるので、そういったタイミングであらかじめ用意しておいた質問をしてみるといいと思います。

上達して、上のクラスに上がっても、下のクラスで人数が少ないところを狙ってみたり、たまには違うコーチに頼ってそこのレッスンを受講してみるのもいいかもしれません。

コーチも様々ですが、私が昔からお世話になっている学生コーチは、理系ということもあり、マンツーマンで相談する時は、論理的な説明も交えてくれるので理解がしやすいです。

逆に、イメージ力に優れている人は、ザックリしたアドバイスの方が合うかもしれないので、そういったコーチに質問してみるのもいいかもしれません。

コーチも全員に上手くなって欲しいと思っていると思いますが、それはそれで難しい課題でしょうからね。

こちらとしても、コーチの言っていることを上手く理解してステップアップに繋げていきたいものです。

参考動画

参考カテゴリ

新着情報

テニスの基礎、最新の 10 件をお届けします。

ポリガットに迷った時の選び方

ポリガットに迷った時の選び方

調子が戻ってきていたストロークが、また不調に逆戻りで、しかもよくわからなくなってきてしまいました。 フラットドライブのような打球ばかり打っている頃は良かったのですが、スピンを意識するようになって...

ストローク / スピン / ガット

>>記事を見る

オーパス(OPAS)の申し込み方法と利用者カードの取得方法

オーパス(OPAS)の申し込み方法と利用者カードの取得方法

「 OPAS(オーパス)で予約可能なテニス施設情報 」でも利用可能なテニスコートについては紹介していますが、今回は OPAS(オーパス)の申し込みから取得までの方法と、実際に OPAS を使った施設の予約についてまと...

コート / サークル

>>記事を見る

テニス初心者が感じた2年間のテニス事情

予備ラケットを持っておくことのメリット・デメリット

予備ラケットを持っておくことのメリット・デメリット

皆さんはラケットを何本持っていますか? 私が初めて 2 本目のラケットを購入したのは、テニスを始めてから約 2 年後でした。 以前、「 ラケットの買い替えスパンは?2年?3年? 」でもラケット候補につい...

試合(ゲーム) / ラケット / ガット

>>記事を見る

サーブで重要なのはトスと重心と脱力

サーブで重要なのはトスと重心と脱力

「部屋とYシャツと私」みたいなタイトルですみません。 これ以外にもサーブで重要なポイントはたくさんあると思いますが、私の場合、初心に帰ると基本的なことができていないことに気付きます。 トスにつ...

スピン / サーブ / 脱力

>>記事を見る

ストロークは下半身の使い方も重要

ストロークは下半身の使い方も重要

ストロークが調子がいい時は、皆さんバシバシ打ち込めると思うのですが、打球の音が鈍くなったり、自分が思ったよりも打球が浅くなったり深くなったりすると、そこを調整しようとして余計にネットやアウトが増え...

コート / スクール / ストローク / メンタル

>>記事を見る

柔軟性と体幹ストレッチでストロークとサーブの威力アップ

柔軟性と体幹ストレッチでストロークとサーブの威力アップ

テニスの上達は練習量に比例する部分が少なからずあると思います。 しかし、ある程度の年齢になると練習量が疲労となり、肘や肩の痛み、ひどい時は怪我に繋がります。 これは、ボールの打ち方に問題がある...

ストローク / サーブ / 怪我 / トレーニング

>>記事を見る

腕をムチのようにしならせるサーブを打つには

腕をムチのようにしならせるサーブを打つには

一時期、フラットサーブならダブルフォルトしない程度までに上達したサーブ。 比較的速いファーストサーブも打てるようになっていたのですが、どうやら打ち方に問題があったようで肩を痛めました。 最初は肩...

サーブ / スライス

>>記事を見る

ボレーはイースタングリップでも対応できる

ボレーはイースタングリップでも対応できる

以前、「 ボレーはコンチネンタルグリップにした方がいい理由 」でボレーはやはりコンチネンタルグリップの方が良さそうなので、グリップの持ち方を変えていこうみたいな話をしましたが、結果的に自分の力が入り...

ボレー / ダブルス / グリップ

>>記事を見る

テニスサークルや仲間募集の探し方

テニスサークルや仲間募集の探し方

テニスが楽しくなってくると、テニススクールのレッスン以外にもテニスをしたくなります。 多くの場合は、スクールで仲良くなったテニス好きな人に誘われて一緒にやったり、その繋がりで別の知り合いが増えた...

試合(ゲーム) / モチベーション / サークル

>>記事を見る

テニススクール&コートの情報について

サイト内で紹介しているテニスコートの情報は、テニスコート管理者からの掲載依頼やテニスコート公式サイトで公開されている情報から成り立っております。

情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、最終的には管理者発表の情報と照合をお願いいたします。

誤表記や掲載にふさわしくない内容がある場合は、お問い合わせから連絡を頂けると幸いです。

また、スクールやコートについてコメントも投稿できますので、お気軽に情報提供ください。

Copyright(c) 2017 北摂テニススクール&テニスコート All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com