テニスラケットを下取りをしてくれるお店やサービス

テニスラケットを下取りをしてくれるお店やサービス

テニスラケットを下取りをしてくれるお店やサービス

新しいラケットを買うと、古いラケットを予備で持っていても使う機会は激減します。

予備なので、メインラケットのガット交換のタイミングや、ガットが切れた時くらいしか出番はないですからね。

逆に、予備ラケットのガットのパフォーマンスが落ちてきた時に、お金を掛けてガットを張り替えるのかどうか、ここが一番の悩みどころだと思います。

安いガットを張るとしても、工賃を入れるとそれなりに費用が掛かりますからね。

愛着のあるラケットだとなかなか手放しにくいですが、もし新しいラケットを購入する際の足しになったり、下取りで値段が付くのであれば、そのタイミングで思い切って放出してしまうのもアリだと思います。

実際に、新しいラケットを購入する際に、下取り用のラケットがある場合は割引率がアップするお店もあります。

この場合、大体 10~20% オフくらいの割引率のお店が多いと思われます。

多くのテニスショップやテニススクールでは、メーカーの希望小売価格(定価みたいなもの)から 20~30% くらいの割引率でラケットを販売しています。

ここから、下取りラケットの割引が適用されれば、実質 30~40% くらいの割引率になるでしょうか。

逆に、新しいラケットは購入しないけど、古いラケットを処分したいという場面もあると思います。

しかし、残念ながら一般のテニスショップやテニススクールで下取りだけのサービスを行っているところは少ないです。

その場合、ヤフオクやメルカリなどの、オークションやフリーマーケットで売るのが手っ取り早いですが、希望の期間や値段で売れるかどうかは未知数です。

ネットの場合は、新品のラケットでもショップより安く購入できる場合もありますし、中古は中途半端な値段だとなかなか買い手が付かないイメージがあります。

オススメなのは、ラケットの下取りを積極的にしている専門店や、ラケット以外の生活雑貨の買取をしているお店で売る方法です。

お店にラケットを持ち込めば、その場で査定してくれますし、メールや電話でラケットの状態を伝えて、大体の買取金額を伝えてくれるサービスもあります。

もちろん、思ったよりも状態が悪かったり(キズが多かったなど)、自分では気付かないところが破損していたりすると、査定の段階で価格が下がってしまうこともありますが、ラケットの梱包材や郵送の手配までサポートしてくれるサービスもあるので便利です。

実際に、下取りしてくれるお店を見に行ったり、電話でラケット査定から売却までを体験してみましたので、ラケットの下取りサービスについて紹介していきたいと思います。


目次

中古ラケットワールドで下取り査定

ラケットの下取りに力を入れているお店に、「中古ラケットワールド」があります。

ネット上にオンラインショップがあり、メールでラケットの下取り査定をしてくれます。

査定額に納得がいけば、あとはラケットを郵送して下取りという流れになります。ラケットが 3 本以上だと、送料も負担してもらえるようです。

関東だと代々木駅前、関西だと梅田や難波に実店舗があるので、アクセスしやすい地域に住んでいる方は、現物を持ち込んで査定してもらうと何かとスムーズかもしれませんね。

私は実際に、大阪駅前第一ビルの 1 階にある梅田店に行ってみましたが、新品ラケットはメーカー希望小売価格から 20% くらいの値段で販売されているイメージでした。

10年以内に発売されたラケットを下取りにしてラケット購入する場合は、販売価格から 20% くらい割引されて、さらにラケットの査定額に応じてプラスアルファの値引きがあるようです。

よって、下取りラケットがある場合は、他のショップで購入するよりも安く購入できる可能性は高いです。

ラケットの種類によって価格や割引率が違うかもしれないので、下取りを使った購入目的の場合は、事前に電話で確認しておくといいと思います。

この梅田店の場合は、裏にウィンザーという大型のテニスショップがあるので、ラケットの価格比較もしやすいかなと思います。

私の場合は、購入したいラケットが品切れ中で、次の入荷は翌月になってしまうとのことだったので、残念ながら、今回はラケットを持ち込んでの査定は見送ることにしました。

よって、ラケット単体での下取り価格の相場もわからなかったのですが、メールでも 24 時間以内を基本として査定額を教えてもらえるので、持ち込む前に聞いておくといいと思います。サイトは下記になります。

中古ラケットワールド

高く売れるドットコムで下取り査定

ラケット専門ではないですが、電話でもすぐに査定してくれる「高く売れるドットコム」というサイトが便利です。

総合ネット買取サービスということもあり、ラケット以外の生活雑貨なども一緒に下取りしてもらいたい場合にオススメです。

電話受付時間は9:15~21:00と比較的長く、商品の下取り料金がデータベース化されているので、キズなどによる状態ごとの買取相場価格もすぐに教えてくれます。

実店舗も日本全国に 8 店舗ありますが、郵送を使っての下取りもすごくスピーディーに進めてもらえるので、最終的な査定金額が出るまでに、申し込みから 1 週間も掛からないと思われます。

私は実際に、このサービスを使ってテニスのラケットを 3 本下取りに出したので、その流れをまとめてみたいと思います。

大きな流れとしては下記になります。

補足になりますが、郵送の手配をしてから集荷までの間に、本人情報や郵送元の所在確認を、書類またはネット上で登録する必要があります。

これは、商品の梱包材に同梱されている申し込み用紙へ記入するか、最初の受付の電話の際にショートメッセージでスマホに URL を送ってもらい、ネット上で登録を済ませる方法の 2 つがあります。

記入や添付が必要な情報は、本人情報(基本情報、所在情報)、査定額の振込先口座情報、本人確認の書類(免許証のコピーなど)になります。

これをスマホで済ませておくと、商品を梱包する際に、申し込み用紙への記入や送付は不要となりスムーズに査定に出せます。

査定結果が出る前に、個人情報を提供するのは嫌だなと思われる方も多いと思います。

しかし、どちらにしても、商品を梱包して集荷に来てもらう段階では必要な情報なので、心配な方は、電話で査定依頼する前にサービス運営者や企業情報を確認して納得できるかで判断するしかないですね。

ブックオフ(BOOK OFF)ゲオ(GEO)などのゲームや本の買取のお店でも、中古でモノを売る際に、本人確認で免許証などの提示を求められたりすると思いますが、アレと同じと思っておいたらいいと思います。

ちなみに、私のラケットの場合は、電話の段階で以下の査定額となりました。

電話のやり取りの中で、この金額からほぼブレることはないとのことでしたが、キズの程度は双方のイメージが異なる部分もあると思うので、多少の減額は覚悟をしています。

逆に、BURN のラケットは発売から半年以内と新しいので、まだデータベースに価格が登録されていなかったらしく、もしかすると、少し増額の可能性もあるかもとのことでした。

まあ、期待はしないでおきますが(笑)

どちらのラケットも、ヘッドの側面に細かい擦り傷があることと、本体に破損がないことを伝えていての価格となります。

BURN が 2 本と、STEAM が 1 本なので、電話の内容通りであれば、ラケット 3 本で 15000 円くらいとなる予定です。

これを書いている段階では、まだ集荷に来てもらったばかりなので、数日以内には実査定の結果もお伝えできると思います。

高く売れるドットコム

後日、最終的な査定金額をメールと電話で連絡してくれました。結果としては、STEAM が 2000 円となり、合計 14000 円でしたが、十分納得の範囲でしたので、この査定額で OK としました。

実質、申し込みから査定額の入金まで 1 週間も掛かりませんでしたので、急ぎの方で実店舗が近くにない場合でも十分だと思います。

ショップやテニススクールで下取り査定

テニスショップやスクールでのラケット下取り状況はどうでしょうか。

私の知っている限りで、情報をまとめたいと思います。

北摂に 4 店舗を構えるラケットプラザでは、ラケットの下取りはしていませんでした。

梅田にあるウィンザーだと、下取りキャンペーン期間中のみラケット購入時の下取りと割引があるようです。キャンペーンを実施していない時は下取りをしていません。

万博公園の駅近くにある、ららぽーと EXPOCITY 内のゼビオは、新しいラケット購入時の下取りをしていています。

ちなみに、新作の新品ラケットのメーカー希望小売価格からの割引率については、ラケットプラザが 30% オフ、ウィンザーが 15~20% オフ(下取りキャンペーン中に遭遇したことがないので不明)、ゼビオが 20% オフ(下取りありだと30%オフ)だったと思います。

記憶が違っていたらすみません。

北摂地域のショップ一覧

ちなみに、通っているスクールでラケット買い取りキャンペーンがたまたま行われていたのですが、1 年以内に発売されたラケットで新品の場合は 6000 円、状態がキレイ(程度は不明)な場合は 4000 円とのことでした。

状態が悪ければ、さらに半額の 2000 円で、1 年以上古いラケットになってしまうとほぼ価値はないようです。

しかも、下取り金額はスクール内のショップの金券で還元されるというキャンペーンだったので、全くお得感はないですね・・・。

とりあえず不要なラケットを処分したいという場合は、引き取ってもらえるだけありがたいかもしれませんけどね。

参考カテゴリ

新着情報

テニスの基礎、最新の 10 件をお届けします。

オーパス(OPAS)の申し込み方法と利用者カードの取得方法

オーパス(OPAS)の申し込み方法と利用者カードの取得方法

「 OPAS(オーパス)で予約可能なテニス施設情報 」でも利用可能なテニスコートについては紹介していますが、今回は OPAS(オーパス)の申し込みから取得までの方法と、実際に OPAS を使った施設の予約についてまと...

>>記事を見る

初心者がテニスを始めて2年が経過しました

初心者がテニスを始めて2年が経過しました

テニスを始めて 2年 が過ぎました。 この 2 年間でテニスについて調べたこと、覚えたことなどをまとめておきたいと思います。 乗馬 をやめてから、何かスポーツをしたいなって思っていた頃に、錦織の全米...

>>記事を見る

テニスサークルや仲間募集の探し方

テニスサークルや仲間募集の探し方

テニスが楽しくなってくると、テニススクールのレッスン以外にもテニスをしたくなります。 多くの場合は、スクールで仲良くなったテニス好きな人に誘われて一緒にやったり、その繋がりで別の知り合いが増えた...

>>記事を見る

グリップテープの簡単な巻き方と貼り替え方

グリップテープの簡単な巻き方と貼り替え方

グリップテープの寿命は人それぞれですが、実際にショップやスクールのコーチなどに貼り換えてもらっていると、いざ自分で貼り替えようと思った時に躓きます。 グリップテープのパッケージを見れば、簡単なイ...

>>記事を見る

テニススクールの練習イベントには参加するメリットがある

テニススクールの練習イベントには参加するメリットがある

テニススクールのホームページを見てみると、スクールへの入会やレッスンスケジュールの他にイベント情報が掲載されているところが多くあります。 このイベント、大きくスクール内の大会(試合)と通常レッスン...

>>記事を見る

初心者、初級者、初中級者のレベルの目安とは

初心者、初級者、初中級者のレベルの目安とは

自分の実力ってどのくらいかハッキリ言えますか? テニススクールの場合、スクール内でランク分けがされているのが一般的ですが、「初心者」「中級者」「上級者」のような大雑把なものではなく、スクール独自...

>>記事を見る

テニス初心者がガットを選ぶ際に考えること

テニス初心者がガットを選ぶ際に考えること

ガットを購入するとき 素材 を意識していますか? テニスを始めたばかりだと、 ラケット や シューズ 、 ウェア の購入から始まりますが、 ガット選び は適当になりがちです。 初めて購入するラケット は...

>>記事を見る

テニス初心者がラケットを買う時に考えること

テニス初心者がラケットを買う時に考えること

テニスを始める時、どのくらいの 初期投資 が必要になるでしょうか。 テニススクールの 体験レッスン に行く段階では、 ラケット や シューズ を無料でレンタルできるところが多いので、この時点で 大きな出...

>>記事を見る

テニススクールに通い始めて実感したこと

テニススクールに通い始めて実感したこと

テニススクールに通い始めて 1 年以上が過ぎましたが、上達したと感じる部分と、相変わらず同じミスをするなど進歩のない部分があります。 前者は新しいテクニックを覚えたり、スピードのあるボールが打てるな...

>>記事を見る

テニススクール&コートの情報について

サイト内で紹介しているテニスコートの情報は、テニスコート管理者からの掲載依頼やテニスコート公式サイトで公開されている情報から成り立っております。

情報の正確性には細心の注意を払っておりますが、最終的には管理者発表の情報と照合をお願いいたします。

誤表記や掲載にふさわしくない内容がある場合は、お問い合わせから連絡を頂けると幸いです。

また、スクールやコートについてコメントも投稿できますので、お気軽に情報提供ください。

Copyright(c) 2017 北摂テニススクール&テニスコート All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com